沖縄に長期出張するときは、車も輸送した方が良い?

沖縄に長期出張するときは、車も輸送した方が良い?

沖縄に長期出張する場合、現地の移動手段はどうするご予定ですか?

沖縄は車社会ですので、
長期出張の場合移動手段に不安を持たれる方も多いかと思います。

モノレールが那覇空港から浦添方面(てだこ浦西駅)まで延びたものの、
沖縄県内の一部ですので、メインの移動は車が便利です。

車を輸送するべきか
車をレンタルするべきか
どちらがコストがかかるのかを比べてみましょう。


①数カ月程度の滞在


1ヵ月程度であれば、
レンタカーやカーリースを借りる方が輸送料よりお安く済みます。

マンスリーレンタカーは月2万円~ありますので、
どのくらいの期間沖縄に滞在するかで比較してみることをお勧めします。

また、近年「カーシェア」という選択肢も出てきましたので
通勤はモノレール異動だけど、週末はドライブしたい!
という方は、一度検討なさってみてはいかがでしょうか。


②6ヶ月前後、もしくはそれ以上の滞在


アイランデクスでは、お車の輸送費は

・東京ー那覇間 片道60,500円
・大阪ー那覇間 片道55,000円
・福岡ー那覇間 片道59,400円

となりますので、往復料金を考えても
お車のメンテナンスや維持費から見ると、
レンタカーを利用するより、輸送した方がお安く済みます。

通常は、港へお車をお持ち込みになり、
沖縄へ到着後、沖縄那覇市の港で受取りとなりますが、
ご指定の場所から、ご指定の場所まで代行運転(要別途料金)も行っています。

例えばご自宅から港への持ち込みなどが可能です。

沖縄へお車を輸送する際におすすめなのが、さび止め処理です。
沖縄といえば、海に囲まれた島ですから、潮風は四方八方から年中吹いています。
そんな土地へ車を持っていくわけですから、塩害対策は必須と言ってもいいでしょう。

小さな傷などあると、そこからさびが侵食されていくため
傷がないかのチェックもしておいた方がベターでしょう。

車のサビ止めといっても、特に重点をおいて行うのが、下回りの防錆処理です。
なかには、車体の細かい箇所までやってくれるところもあるので、
ディーラーや販売店などで聞いてみるといいですね。

車のメンテナンスも定期に行うことは必要ですが、
沖縄の場合は、洗車をこまめにやっておくとサビ防止にもつながります。


まとめ


長期出張でお車を輸送するかどうかは、
どれくらい滞在するかを1つの判断基準にしてみてくださいね。

安いね!

安い!

その1
セルフ輸送
だから安い

お客様自身でお近くの港まで運転、到着の港でお引取りいただく格安プランをご用意しています!(代行運転プランもございます)!

その2
沖縄専門
だから安い!

沖縄諸島行きの物流を専門に行っているため、特別価格でのご提供ができるんです!

その3
フェリーと
提携で安い!

沖縄諸島行きのフェリー会社と提携しているため、ある程度の物量が見込め、価格をぐんと抑えることが可能!

安心!

  1. 1船便輸送中のキズ・凹み補償!

    船便輸送中のキズ・凹みを補償!(※小傷はノンクレーム対応)。また、延着時の追加運賃・料金などは弊社が負担します!

  2. 2特別補償の車両保険あり!

    3500円〜で、火災・爆発・風災・水災・破損・盗難など、ほとんどすべての偶然な事故によって生じた損害を補償します。

  3. 3陸送区間も安心!

    「対人賠償保険」「対物賠償保険」「対物超過修理費用特約」「自損傷害保険」「搭乗者傷害(入通院/2区分)特約」「搭乗者傷害(死亡・後遺障害)特約」「ロードサービス」、そして「車両復旧費用保険」と、多くの補償に加入しています。

カンタン!

Web見積もり、お申込み、港へ車の持ち込み、受け取り
お見積もり・お申込み