東京から沖縄にフェリーで車を送る料金は?

東京から沖縄にフェリーで車を送る料金は?

東京から沖縄へお引越し、長期出張するなら車は必須!

車両輸送はフェリーに車を積む?

どうやったらいいの?いくらかかるの?何を準備したらいい?

ご安心ください!

難しい手続きはこちらで行いますので、実際やっていただくことは簡単です!

今回は東京から沖縄へフェリーで車を輸送するための方法をお伝えします。

東京~沖縄にフェリーで車を送る料金

まず気になるのは、東京から沖縄へ車を輸送するフェリーの費用です。

沖縄車両輸送のアイランデクスは、

・離島専門の車両輸送会社

・港へのセルフ持ち込みを推奨

そのため下記のような低価格でご案内することが可能です。

・軽自動車:48,000円(税別)

・普通車:55,000円(税別)

補足として、お客様ご自身で港にお車を持込んでいただく場合の価格となります。
ご自宅から港までの代行運転もオプションで承っておりますので、お気軽にご相談ください。

フェリー輸送のための代行運転について

当社では港への車のセルフ持ち込み・受け取りを推奨しているため、低料金で東京ー沖縄間のフェリー輸送をご利用いただけます。
しかし、どうしてもスケジュールが合わないなどお困りの方もいらっしゃいます。

その場合は代行運転をご利用ください。

当社のベテランのドライバーが運転して配送いたします。
(その際助手席にお座りいただくことはできません)
配送の際は、<損保ジャパンの物流業者包括賠償保険および販売用・陸送自動車等自動車保険特約>をかけての配送となります。
ご自宅などのお預かり先~フェリー出航港、もしくはフェリー到着港~お届け先までの距離にもよりますが、高速道路を使用せず、港近くの場所の場合、通常8000円〜からお受けしております。

どこからどこまでの代行運転をご希望かお知らせの上、一度お見積りください。

なお、ご利用の際は車検証の写真を事前に送っていただくようになります。

東京~沖縄のフェリー便の発着港について

東京から沖縄へフェリーで車両輸送する場合、東京有明港をご利用いただきます。
東京有明港にお車を持ち込みする際は、こちらのページ(https://car-okinawa.com/news/tokyoariakekou-car/)を参考にしてください。

車を積んだフェリーが到着する港は、沖縄の那覇新港となります。
沖縄到着後3営業日の港での取り置きが可能ですので、その間にお車の受け取りをお願いしております。
受取り時間は平日は16時まで、土曜は基本15時までの案内となりますので、お気を付けください。
なお、さらに沖縄の離島(宮古島や石垣島)へのフェリー輸送も可能です。

東京~沖縄へのフェリー輸送でかかる日数について

東京有明港から沖縄へのフェリーに車を積載する場合、港への車の持ち込みは、水曜日と金曜日の午前中(9~11:30)です。
1日前のみ、前日持ち込み可能です。
基本的に持ち込んだ日から、中2日後の午後以降から那覇新港での受け取りが可能です。
日曜や大型連休などは全港共通で受付や運行が停止していますので、この限りではありません。

ご不明な点や気になる点がございましたらお気軽にお問合せください。

安いね!

安い!

その1
セルフ輸送
だから安い

お客様自身でお近くの港まで運転、到着の港でお引取りいただく格安プランをご用意しています!(代行運転プランもございます)!

その2
沖縄専門
だから安い!

沖縄諸島行きの物流を専門に行っているため、特別価格でのご提供ができるんです!

その3
フェリーと
提携で安い!

沖縄諸島行きのフェリー会社と提携しているため、ある程度の物量が見込め、価格をぐんと抑えることが可能!

安心!

  1. 1船便輸送中のキズ・凹み補償!

    船便輸送中のキズ・凹みを補償!(※小傷はノンクレーム対応)。また、延着時の追加運賃・料金などは弊社が負担します!

  2. 2特別補償の車両保険あり!

    3500円〜で、火災・爆発・風災・水災・破損・盗難など、ほとんどすべての偶然な事故によって生じた損害を補償します。

  3. 3陸送区間も安心!

    「対人賠償保険」「対物賠償保険」「対物超過修理費用特約」「自損傷害保険」「搭乗者傷害(入通院/2区分)特約」「搭乗者傷害(死亡・後遺障害)特約」「ロードサービス」、そして「車両復旧費用保険」と、多くの補償に加入しています。

カンタン!

Web見積もり、お申込み、港へ車の持ち込み、受け取り
お見積もり・お申込み