沖縄へのトラックの輸送事例 | 沖縄車両輸送のアイランデクス

沖縄へのトラックの輸送事例

沖縄車両輸送のアイランデクスです。

建設現場や農業などでの使用目的で、沖縄をはじめとした離島へのトラックの輸送のお問い合わせは意外と多いです。
もちろんアイランデクスでは、トラックの海上輸送にも幅広くご対応可能です。
今回の記事では、沖縄方面へのトラックの輸送事例をご紹介いたします。

トラックを輸送する際のお見積もり

トラックと一括りに言っても、サイズや重量はさまざまです。2tトラック、4tトラック、ダンプカー‥。ものによって輸送料金は大きく変わってまいりますため、お見積もり時には車両の型式とサイズをご連絡ください。
お見積もりが出るまで、概ね1〜2営業日のお日にちをいただきます。

GWや夏季休暇といった大型連休の前や、お引越しの多い3月頃ですと、お見積もりの算出にどうしても時間がかかる場合がございます。

なお、軽トラックであれば普通の軽自動車と同じ料金で輸送することが可能です。こちらの輸送料金シミュレータをご活用ください。

各都市から沖縄方面へのトラックの輸送事例3件

東京、大阪、博多から、さまざまなサイズのトラックを沖縄や各離島まで輸送した事例をご紹介いたします。

大阪から沖縄への輸送

車種:1500Lの水槽を搭載したポンプ車

サイズ: 車長4.9m 車幅1.9m 高さ2.05m 

輸送料金95000円(税別)でご案内させていただきました。

博多から宮古島への輸送

車種:ピックアップトラック(ハイラックス)

サイズ:車長5.34m 車幅1.85m 車高 1.8m

輸送料金70000円(税別) 普通車料金と同一価格でご案内させていただきました。

東京から石垣島への輸送

車種:ミニキャブトラック

サイズ:車長 3.39m 車幅 1.475m 車高 1.765m

輸送料金98000円(税別)でご案内させていただきました。

トラックの輸送のポイント

日程には余裕を

海上輸送では、さまざまな要因で到着に遅れが生じる場合も多いです。

  •  -台風や高潮、時化などの悪天候
  •  -フェリーのトラブル

特に、台風や雪のシーズンは船便が欠航してしまうことも度々ございます。スケジュールには余裕を持って組んでいただくよう、お願いいたします。もしスケジュールに変動があった場合は、分かり次第お客様へご連絡をさせていただきます。

輸送する車内への荷物の積載

トラックの輸送にあたりましても、船のルール上では車内への積載は一切認められておりません。しかし、脚立などの工具類や 段ボール数点といったお荷物を積み込んで輸送したい、というお客様も中にはいらっしゃると思います。年間1000台以上のお車を離島へ輸送するアイランデクスの過去のデータから、「輸送を断られたケース」や「トラブルになったケース」 をこちらのリンク先にまとめております。ぜひ、ご参考にされてください。

持ち込みと引き取りは別の方でも可能

アイランデクス ではお持ち込みとお引き取りのが別々の方(代理人様)でも、問題なく車両輸送が可能です。
トラックの輸送は企業内で行われるケースも多いため、お持ち込み担当とお引き取り担当が違う方という場合もよくあります。
その際は、お申し込みの際にその旨をスタッフにお伝えください。

トラックの海上輸送はアイランデクスへ

この記事では、沖縄方面へのトラックの輸送についてまとめました。

沖縄方面へ車両を輸送する際は、ぜひアイランデクスにお任せください。
離島専門のアイランデクスだからこそ、業界最安価格帯でのご案内が可能です。

また、沖縄本島をはじめ各離島に営業所を構えているアイランデクスなら、
例えばお車を「お持ち込み/お引き取り中」に港で迷ってしまった時‥
お車の輸送中にトラブルが起きた時‥
その他どんなお困りごとの時でも、
すぐに最寄りのスタッフが、フォローに入ります!

まずはカンタン無料見積もりから、お気軽にお問い合わせください。

安いね!

安い!

その1
セルフ輸送
だから安い

お客様自身でお近くの港まで運転、到着の港でお引取りいただく格安プランをご用意しています!(代行運転プランもございます)!

その2
沖縄専門
だから安い!

沖縄諸島行きの物流を専門に行っているため、特別価格でのご提供ができるんです!

その3
フェリーと
提携で安い!

沖縄諸島行きのフェリー会社と提携しているため、ある程度の物量が見込め、価格をぐんと抑えることが可能!

安心!

  1. 1船便輸送中のキズ・凹み補償!

    船便輸送中のキズ・凹みを補償!
    また、延着時の追加運賃・料金などは弊社が負担します!
    ※輸送前後の車両状況について調査確認を扱う地位にないため、軽微な傷等については免責となります。

  2. 2別途加入可能な車両保険あり!

    3500円〜で、火災・爆発・風災・水災・破損・盗難など、偶然な事故によって生じた損害を補償します。

  3. 3陸送区間も安心!

    「対人賠償保険」「対物賠償保険」「対物超過修理費用特約」「自損傷害保険」「搭乗者傷害(入通院/2区分)特約」「搭乗者傷害(死亡・後遺障害)特約」「ロードサービス」、そして「車両復旧費用保険」と、多くの補償に加入しています。

カンタン!

Web見積もり、お申込み、港へ車の持ち込み、受け取り
お見積もり・お申込み
 

SNS