沖縄の車輸送の料金について | 沖縄車両輸送のアイランデクス

東京発

ルート 軽自動車 普通車 バイク
東京 有明港 – 那覇 新港 48,000円
(52,800円)
58,000円
(63,800円)
34,000円~
東京 有明港 – 宮古島 平良港 79,000円
(86,900円)
86,000円
(94,600円)
37,000円~
東京 有明港 – 石垣島 石垣港 81,000円
(89,100円)
90,000円
(99,000円)
39,000円~

大阪発

ルート 軽自動車 普通車 バイク
大阪 南港 – 那覇 新港 47,000円
(51,700円)
53,000円
(58,300円)
34,000円~
大阪 南港 – 宮古島 平良港 63,000円
(69,300円)
70,000円
(77,000円)
37,000円~
大阪 南港 – 石垣島 石垣港 67,000円
(73,700円)
74,000円
(81,400円)
39,000円~

愛知発

ルート 軽自動車 普通車 バイク
愛知 名古屋あおなみヤード
– 那覇 新港
56,000円
(61,600円)
63,000円
(69,300円)
50,000円~
愛知 名古屋あおなみヤード
– 宮古島 平良港
73,000円
(80,300円)
82,000円
(90,200円)
52,000円~
愛知 名古屋あおなみヤード
– 石垣島 石垣港
76,000円
(83,600円)
84,000円
(92,400円)
54,000円~

宮城発

ルート 軽自動車 普通車 バイク
宮城 仙台ヤード – 那覇 新港 70,000円
(77,000円)
76,000円
(83,600円)
50,000円~
宮城 仙台ヤード – 宮古島 平良港 95,000円
(104,500円)
105,000円
(115,500円)
52,000円~
宮城 仙台ヤード – 石垣島 石垣港 97,000円
(106,700円)
109,000円
(119,900円)
54,000円~

苫小牧 発着

ルート 軽自動車 普通車 バイク
北海道 苫小牧港 ⇆ 那覇 新港 74,000円*国産車に限り
(81,400円)
86,500円*国産車に限り
(95,150円)
要問い合わせ
北海道 苫小牧港 ⇆ 宮古島 平良港 104,000円
(114,400円)
118,000円
(129,800円)
要問い合わせ
北海道 苫小牧港 ⇆ 石垣島 石垣港 108,000円
(118,800円)
122,000円
(134,200円)
要問い合わせ

赤字の料金はWEB割適応価格(税別)、()内の料金は税込料金となります。

釧路 発着

ルート 軽自動車 普通車 バイク
北海道 釧路港 ⇆ 那覇 新港 74,000円
(81,400円)
86,000円
(94,600円)
要問い合わせ
北海道 釧路港 ⇆ 宮古島 平良港 108,000円
(118,800円)
124,000円
(136,400円)
要問い合わせ
北海道 釧路港 ⇆ 石垣島 石垣港 112,000円
(123,200円)
128,000円
(140,800円)
要問い合わせ

福岡発

ルート 軽自動車 普通車 バイク
福岡 博多港 – 那覇 新港 48,000円
(52,800円)
54,000円
(59,400円)
35,000円~
福岡 博多港 – 宮古島 平良港 63,000円
(69,300円)
70,000円
(77,000円)
41,000円~
福岡 博多港 – 石垣島 石垣港 65,000円
(71,500円)
72,000円
(79,200円)
43,000円~

鹿児島発

ルート 軽自動車 普通車 バイク
鹿児島 谷山港 – 那覇 新港 46,000円
(50,600円)
52,000円
(57,200円)
29,000円~
鹿児島 谷山港 – 宮古島 平良港 65,500円
(72,050円)
73,500円
(80,850円)
35,000円~
鹿児島 谷山港 – 石垣島 石垣港 68,500円
(75,350円)
76,500円
(84,150円)
37,000円~

沖縄 本島発

ルート 軽自動車 普通車 バイク
沖縄 那覇 新港 – 東京 有明港 48,000円
(52,800円)
58,000円
(63,800円)
35,000円~
沖縄 那覇 新港 – 大阪 南港 47,000円
(51,700円)
53,000円
(58,300円)
34,000円~
沖縄 那覇 新港 – 名古屋あおなみヤード 55,000円
(60,500円)
62,000円
(68,200円)
50,000円~
沖縄 那覇 新港 – 福岡 博多港 48,000円
(52,800円)
54,000円
(59,400円)
35,000円~
沖縄 那覇 新港 – 鹿児島 谷山港 43,000円
(47,300円)
49,000円
(53,900円)
29,000円~
沖縄 那覇 新港 – 宮城 仙台ヤード 70,000円
(77,000円)
76,000円
(83,600円)
50,000円~
沖縄 那覇 新港 – 宮古島 平良港 37,000円
(40,700円)
43,000円
(47,300円)
23,000円~
沖縄 那覇 新港 – 石垣島 石垣港 44,000円
(48,400円)
50,000円
(55,000円)
26,000円~

宮古島 発

ルート 軽自動車 普通車 バイク
宮古島 平良港 – 東京 有明港 78,000円
(85,800円)
85,000円
(93,500円)
41,000円~
宮古島 平良港 – 大阪 南港 62,000円
(68,200円)
69,000円
(75,900円)
37,000円~
宮古島 平良港 – 名古屋 あおなみヤード 72,000円
(79,200円)
81,000円
(89,100円)
52,000円~
宮古島 平良港 – 福岡 博多港 63,000円
(69,300円)
70,000円
(77,000円)
41,000円~
宮古島 平良港 – 鹿児島 谷山港 61,000円
(67,100円)
69,000円
(75,900円)
35,000円~
宮古島 平良港 – 宮城 仙台ヤード 95,000円
(104,500円)
105,000円
(115,500円)
52,000円~
宮古島 平良港 – 石垣島 石垣港 39,000円
(42,900円)
43,000円
(47,300円)
30,000円~
宮古島 平良港 – 沖縄 那覇 新港 37,000円
(40,700円)
43,000円
(47,300円)
23,000円~

石垣島 発

ルート 軽自動車 普通車 バイク
石垣島 石垣港 – 東京 有明港 80,000円
(88,000円)
89,000円
(97,900円)
43,000円~
石垣島 石垣港 – 大阪 南港 66,000円
(72,600円)
73,000円
(80,300円)
39,000円~
石垣島 石垣港 – 名古屋 あおなみヤード 75,000円
(82,500円)
83,000円
(91,300円)
54,000円~
石垣島 石垣港 – 福岡 博多港 65,000円
(71,500円)
72,000円
(79,200円)
43,000円~
石垣島 石垣港 – 鹿児島 谷山港 64,000円
(70,400円)
72,000円
(79,200円)
37,000円~
石垣島 石垣港 – 宮城 仙台ヤード 97,000円
(106,700円)
109,000円
(119,900円)
54,000円~
石垣島 石垣港 – 宮古島 平良港 39,000円
(42,900円)
43,000円
(47,300円)
30,000円~
石垣島 石垣港 – 沖縄 那覇 新港 44,000円
(48,400円)
50,000円
(55,000円)
26,000円~

 


広島・香川・岡山・三重からの車両輸送も承っております。

  • ※ 価格は税別。
  • ※ 料金はご自身での港へのセルフ持ち込み・引き取りが可能な場合の料金となります。(陸送/代行運転が必要な場合は別途ご相談ください)
  • ※ 車種や日程、状況によって金額が多少異なる場合がございます。
  • ※ 高級車、車長6m以上の自動車、貨物車、ボートを引いた牽引車なども条件付きで対応可能です。
東北北海道からも車両輸送が可能です! お気軽にお問い合わせください!
仙台を中心に東北全体、苫小牧港・釧路港を中心に北海道からの輸送も承っております。 お気軽にお問い合わせください
久部良漁港、小浜港、西表島大原港、竹富港、鳩間港、西表島上原港、黒島港でも輸送を行なっています! お気軽にお問い合わせください
「沖縄までの車の輸送費を知りたい」 「沖縄から車両輸送をするときの料金目安は?」 アイランデクスでは沖縄まで、または沖縄から全国各地への車両輸送を、業界最安値で対応しています。 このページでは沖縄まで(or 沖縄から)の車の輸送費や、車両輸送をするための流れ・注意点などを解説します。

沖縄ー全国各地間の車両輸送の料金目安

沖縄まで(or 沖縄から)自動車を運ぶ方法としては、車両輸送会社を利用するのが一般的です。 アイランデクスでは、お客様に港までお車をお持ち込みいただくことで、業界でも最安値の価格帯で車輸送ができます。 実際に、どれくらいの輸送費になるかをまとめたのが以下の表です。 ※お問い合わせいただくことが多い、宮古島と石垣島までの料金目安もあわせて紹介します。ぜひ参考にしてください。

沖縄への車両輸送は専門業者に依頼を

沖縄へ、または沖縄から自動車を運ぶときには「フェリー」に載せて運びます。 そこで利用するのがアイランデクスのような「車輸送業者」です。 車輸送業者を利用することで、あなたが住んでいる地域の近くの港から、沖縄に自動車を運ぶことができます(沖縄からの場合は、運びたい場所の最寄りの港まで)。 もちろん、自分で運ぶこともできなくはありませんが、車と人が一緒に乗れるフェリーが出ているのは沖縄ー鹿児島間の航路しかありません。 仮に東京から沖縄まで自分で自動車を運ぼうとすると、鹿児島港まで運転をして、そこからフェリーに乗って沖縄まで行かなければいけないんです。 そうなると鹿児島までの高速道路代・ガソリン代・ホテル代などで、結構なお金がかかるだけでなく、長距離運転による事故のリスクも高まってしまいます。 そのため、沖縄に自動車を運ぶときには車輸送業者に依頼される方が多いんです。

アイランデクスは業界最安値での車両輸送が可能

アイランデクスは、もともと引越し屋さん(※)で、沖縄移住の際に「引越しの荷物と一緒に車も運んで欲しい」というお客様のご要望から、車両輸送のサービスがスタートしました。 ※一般貨物運送事業者、第1種・第2種利用運送事業者 お客様によりお手軽に車を運んでいただけるように、次の2つの理由から業界でも最安の価格帯でサービスを提供しています。

沖縄・離島へのフェリー会社&海運会社と提携

アイランデクスでは以下の沖縄・離島専門のフェリー会社・海運会社と提携することで、車の輸送費をグッと抑えることができています。 特に沖縄方面への車両輸送においては「琉球海運」と「マルエーフェリー」を利用して車輸送をすることが多く、いずれの船舶を利用する場合も、上記の輸送費リストの通り、同じ料金でサービスを提供しています。 ただし、船舶の予約枠やスケジュールの関係から、琉球海運とマルエーフェリーのいずれかの船舶を利用したいという指定はお受けできませんのでご了承ください。 ※上記の輸送費リストは燃料調整費(BAF)・保険料・荷下ろし料金・放射線測定費用などの料金をすべて含んだ料金となっています。

港までお車をお持ち込みいただく

お客様に出発港までお車を持ち込んでいただく「セルフ輸送プラン」を用意しています。 セルフ輸送プランをご利用いただくことで、料金をグッと安く抑えることが可能です(当社スタッフがお車をご自宅・事務所から出発港まで運ぶ「代行輸送」にも対応できます。詳しくはこちら)。 このような理由から、アイランデクスは業界でも最安の価格帯で車両輸送ができ、これまでに数多くのお客様にご利用いただいております。

沖縄までの車両輸送の流れ

アイランデクスでは、初めての方でも簡単に車両輸送ができます。 手続きの流れとしては以下の通りです。

1.WEBから「カンタンお見積もり」をする

パソコン・スマホ・タブレット端末からお見積もりをご請求ください。ご登録いただいた情報から、正確なお見積もり額と、輸送スケジュールをメールでご提案させていただきます。

2.輸送スケジュールを選ぶ

ご提案させていただいたスケジュールからご都合に合う日程を選んでお申し込みください。ご希望に合う日程がない場合は、ご返信いただけましたら、再度スケジュールをご提案させていただきます。

3.料金のお支払い

お申し込み完了後、出港日の5営業日前までに料金のお支払いをお願いします。料金のお支払いをもって手続きは完了となります。 あとは、お客様に港までお車を持ち込んでいただくだけ(代行輸送の場合は、当社スタッフがご自宅・事務所までお車を引き取りに行きます)! このようにアイランデクスでは誰でも簡単に車両輸送ができる仕組みになっています。 ご不明な点がありましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください。 車輸送までの流れについて詳しくはこちら>>>

運べない車両もあるので要注意

1つだけ気をつけていただきたいのが、一部輸送ができない or 料金が割高になる車両があるということです。 具体的には以下のお車が対象となります。 このようなお車については、車両輸送をお断りさせていただいたり、料金が割高となったりするケースもあります。 ただ、お客様ご自身で判断するのは難しいと思いますので、上記に当てはまりそうなお車の車両輸送を検討している方は、アイランデクスまでお問い合わせください。 補足:高級車は別途保険へご加入いただきます ポルシェやアストンマーティンなどの高級車の車両輸送をご希望される場合は、別途保険にご加入いただいております(保険料は保険会社と打ち合わせをして決定されます)。

どれくらいで到着するの?

全国各地の出発港から沖縄(那覇新港)までの到着日の目安は以下の通りです。
出発港 到着日の目安
北海道 苫小牧港 7〜10日ほど
北海道 釧路港 7〜10日ほど
宮城 仙台ヤード 5〜7日ほど
東京 有明港 3〜5日ほど
愛知 名古屋あおなみヤード 4〜6日ほど
大阪 南港 2〜4日ほど
福岡 博多港 3〜5日ほど
鹿児島 谷山港 3〜5日ほど
※沖縄(那覇新港)から各地の港への到着目安も同じです。 ※詳細な到着予定日はお申込み時にメールでお知らせします。 ただし、天候などの影響でフェリーが欠航となり、到着日が遅れる可能性もあることは、あらかじめご了承くださいませ(遅延時の追加運賃・料金はアイランデクスが負担させていただきます。それ以外の費用はお客様のご負担となります)。 なお、港に到着後1〜3営業日までは無料での取り置きが可能です。 受け取るタイミングが到着から3営業日を超えてしまう場合は、別途料金が発生しますので、事前にご相談ください。

お車を預ける前に確認しておくべきこと

最後に、お車を預ける前には次の4つのことをご確認していただけますと、安全に車両輸送をすることができます。

車体の傷・凹みを確認しておく

お車を預ける前には、お客様に立ち合いのもと、車体の傷・凹みを確認させていただきますが、念のため、スマホなどで写真を撮っておくことをおすすめします。 なお、フェリーでの車両輸送中や、代行輸送中に生じた車体の傷や凹みは、補償させていただきますので、ご安心ください。 ※輸送中のものか判断できない小さな傷や、フェリー内で車が動かないように固定したときに生じた擦り傷は補償の対象外です。

車内・トランクに荷物を積み過ぎない

自動車をフェリーで運ぶときには、フェリー会社・運送会社の規定で「車内は空の状態にしておく」というルールになっています。 車内に荷物を積んでおくことは原則禁止と考えておくことをおすすめします。 また、転出証明書・賃貸契約書・学校への入学手続きの書類など、重要な書類も車内に入れておくと、あとでトラブルの原因になる可能性がありますのでご注意を(詳しくはこちら)!

ETCカードを抜いておく

ETCカードは車載器から抜き取っておいてください。輸送拒否はされませんが、運送会社の判断で抜き取られ、別送となる可能性があります。 また、ガソリン用の給油カード、現金などの貴重品も車内に残しておかないように、事前に確認しておくことをおすすめします。

ガソリンを給油しておく

フェリーに乗せる・下ろすタイミングで、運送会社のスタッフがお車を運転します。 万が一、ガソリンが空の状態でお預けになると、自動車を動かすことができず、作業がストップしてしまうことになるので、事前に十分な量の給油をお願いします。 このようなことをお車を預ける前にご確認いただけますと、安心・安全に車両輸送をすることができますので、ご協力お願い致します。

まずはカンタンお見積もりを

アイランデクスは琉球海運(RKK)やマルエーフェリーなど沖縄・離島に対応しているフェリー会社・海運会社と提携することで、業界でも最安の価格帯で車輸送が可能です。 このページで紹介している料金はあくまでも料金目安ですので、沖縄へお車を送るときの正確な輸送費を知りたい方は、ぜひカンタンお見積もりをご利用ください。 また、沖縄への車輸送について質問がある方からのご連絡もお待ちしております。 お見積り・お問合せはこちら>>>

安いね!

安い!

その1
セルフ輸送
だから安い

お客様自身でお近くの港まで運転、到着の港でお引取りいただく格安プランをご用意しています!(代行運転プランもございます)!

その2
沖縄専門
だから安い!

沖縄諸島行きの物流を専門に行っているため、特別価格でのご提供ができるんです!

その3
フェリーと
提携で安い!

沖縄諸島行きのフェリー会社と提携しているため、ある程度の物量が見込め、価格をぐんと抑えることが可能!

安心!

  1. 1船便輸送中のキズ・凹み補償!

    船便輸送中のキズ・凹みを補償!
    また、延着時の追加運賃・料金などは弊社が負担します!
    ※輸送前後の車両状況について調査確認を扱う地位にないため、軽微な傷等については免責となります。

  2. 2別途加入可能な車両保険あり!

    3500円〜で、火災・爆発・風災・水災・破損・盗難など、偶然な事故によって生じた損害を補償します。

  3. 3陸送区間も安心!

    「対人賠償保険」「対物賠償保険」「対物超過修理費用特約」「自損傷害保険」「搭乗者傷害(入通院/2区分)特約」「搭乗者傷害(死亡・後遺障害)特約」「ロードサービス」、そして「車両復旧費用保険」と、多くの補償に加入しています。

カンタン!

Web見積もり、お申込み、港へ車の持ち込み、受け取り
お見積もり・お申込み
 

SNS